DTMでみんなが困る「ニッチな情報」を発信するページ!


◆◆◆◆◆ このブログは・・・ ◆◆◆◆◆
このBlogは、DAWやソフトウェア音源を使って曲作りする人の、かゆいところに手が届く、ニッチだけど、困っている人を助けられるサイトを目指しています! 自分が曲を作っていて、わからなかったことをどんどんメモ!手順を書いてくれるWebページでは書ききれないニッチな情報で、皆さんのお役に立ちます!

このサイトを運営している、TranceparentBlue(TB)です。
よろしくお願いします。自己紹介や楽曲紹介は、こちらにお越しくださいませ。
TranceparentBlue OffcialSite

DTMでみんなが困る「ニッチな情報」を発信するページ! イメージ画像

更新情報

こんばんは!TBです。一つ前のブログでは、ピヤホン6 AVIOT TE-Z1PNK について書きました。あれから数日間使っていますが、どうしても好きな音だと思えない。結局、ピヤホン5を新品で購入しました。 ・自分の耳がおかしいのではないか? ・本当にピヤホン5は良いイヤホンだ
『AVIOT TE-BD21j-ltdpnk ピヤホン5 2つ目』の画像

こんばんは!TBです。通勤でヘビーユースしているピヤホン5が壊れました。買い替えたピヤホン6の音質がイマイチ感動できず、EQの設定を変えた結果、没頭できるようになったので共有です。1.経緯元々私が使用していたのは、AVIOT TE-BD21j-ltdpnk ピヤホン5です。3万円前後の
『ピヤホン5の故障と後継機AVIOT TE-Z1PNK ピヤホン6の違和感と対処法』の画像

こんにちは!TBです。引き続き、購入したAntelope Audio Discrete 4 Proの使い方について、気づいたことを共有します。今回は、DAWからadfx2dawで呼び出したエフェクトを使って、2MIXを作成するミックスダウンができるのかどうか?についてです。1.リアルタイム エフェクト
『Synagy Core Realtimeのadfx2dawからの利用は「実時間での書き出し」に対応しているか? ~ Discrete 4 Pro を快適に使う! その3~』の画像

こんにちは!TBです。私は、オーディオインターフェースに、Antelope Audio の Discrete 4 を使っていましたがこの度、Discrete 4 Pro に変更しました。目的は、Thunderbolt3(Tb3) 接続によるDAWでのリアルタイムエフェクト使用です。無事、セットアップが完了し動作するよ
『Discrete 4 をThunderbolt3 接続にしたらWindowsPCの音が聞こえなくなった!Zen Goでも同様かと~ Discrete 4 Pro を快適に使う! その1~』の画像

こんばんは!TBです。Windows Updateで0x80070643エラーが発生して困っている方へ情報共有です。詳しい方は、こちらに対策が出ています。どうぞ!【WinUp個別】誰でも簡単にWin10(22H2)のKB5034441のエラーの解決【2024/1/11】Cドライブの回復パーティションの容量(そんな

こんばんわ!TBです。今夜も、自分が曲を作っていて、どうしても解決できなかったことが解決したので、ニッチな情報をメモしていきますぞ。1.今日のテーマ「CUBASEで、再生しながらMIDIデータを編集していると編集中のトラックの音しか出ない」です。トラックリストには、
『CUBASE エディット中のトラックの音しか再生されない』の画像

こんばんは!TBデス。今日も、自分がDTMやってて困った、狭い狭い情報を皆さんに伝えていきます。今回は、プラグインのライセンスに関する話題です。Windows 10 PC の マザーボードが故障して交換した場合にプラグイン VSTのライセンスってどうなるの?PCの故障や交換にも参

こんばんは!ご無沙汰しております。TBです。elgato Stream Deck(mk1)私は、仕事でもDTMでもこれを愛用しています。昨日、出社して仕事で使用していたので、カバンから取り出して接続すると・・・ガーン!!映らない・・・。まずい!Stream Deck なしじゃ、仕事の作業効率
『elgato Stream Deck 画面が映らない!対策と、mk2についての戯言』の画像

こんばんは。TBです。DAWで音楽を作るものとしてSTREAM DECK+ (PLUS)の使い勝手や便利な使い方を報告するこのシリーズ。今日は、STREAM DECK+ (PLUS)のボタンやタッチパネルの保護について。ボタンや画面を傷から守るために、カバーの購入を検討しましたが、まだ販売されてい
『STREAM DECK+を守る!~保護フィルムを自分でカット~』の画像

↑このページのトップヘ